逆指値注文を使えれば取引しやすくなる

FXにおける逆指値注文とは、通常の指値注文とは反対に、指定した値段以上になれば買う、または指定した値段以下になれば売るといった注文方法で、ストップ注文とも呼ばれています。
この逆指値注文ですが、インターバンク為替市場では、ストップ・ロス注文、つまり保有ポジションの損失を一定限度に抑えるための注文方法としてよく利用されています。例をあげると、仮にドル/円の買いポジションを持っているとします。
その後、為替相場がドル高円安になれば評価益が発生しますが、その逆にドル安円高が続いた場合は、必然的に評価損の拡大が起こり、不利な状況になります。
このとき、将来好転することを見込んで放置しておいた場合、予想通りに反転、上昇すればそれでよいのですが、反対にそのまま相場が下落し続けた場合、評価損はますます拡大し、仕方なくポジションを決済し、大幅な損失を確定せざるを得ないというケースもあります。
ここで、損失を拡大させないための逆指値注文についてですが、まず、自分自身で損失の許容範囲を前もって決めておく必要があります。つまり、「いくらまでなら損してもよいか」という基準を決めておくことです。前もってその損失が確定する具体的なレート水準を算出しておきましょう。